つんく♂夏ディナーショウ2006 青春サマー

本日は今年も夏冬あわせて4回目となるつんく♂ディナーショウ最終日のお話(いきなりですが)。
青春サマーと名付けられた今回のツアーは、本人の結婚等おめでたい話題もあり、例年になく盛り上がりの様子。
ディナーショウは1日2ステージだったり、お客さんがお洒落して酒が入ってたりして通常のライブとは少し様子が違うが最近はこういう現場も増えてきて大分慣れてきたかな。
今日はつんく♂氏の生まれ故郷である奈良県のホテル。
つんく♂ソロアルバム「タイプ3」発売にあわせて、思い出のカバー曲で構成。
なにげに世代が自分と同じくらいなんだなこれが。
シャ乱Qのデビューは「RIO」の翌年だったような。まさか自分がバックでベース弾くとはねぇ。
ライブの選曲がスタンダードの名曲で比較的ゆったり目のテンポだったりしてかなり気を使う演奏なのだが、なんといっても今回全員集中力がすごい! 誰もミスしないから突っ込みどころがすくないぞ〜! いいことだけど。曲数もいつもより3〜4曲ほど多く結構気疲れしたかな。
今回はゲストとしてマジシャンのター君登場。
はっきり言って、もしベースやるまえにマジックに出会ってたら音楽やってないかも(笑)。
すっげ〜女の子にもてそうだし。
「僕の部屋でベース聞くかい?」より「僕の部屋で手品見る?」の方が成功率が圧倒的に高そうだもんなぁ〜。
そうゆう動機だとどうせダメだろうけど。
とかいいつつ、無事2006年夏ディナーショウも終了。
いよいよ「シャ乱Q」のリハーサルが近づいてきました!

<最近スティング宮本が参加したアーティスト現場>

*加山雄三*
2004年冬ディナーショウから2005〜2006年にかけての「加山雄三デビュー45周年記念ツアー」&レコーディングに参加。
このツアーは100曲の中からライブ当日にお客さんからリクエストをもらい、ベスト20曲をガチンコで演奏するというバンド泣かせのゴキゲンな企画。
おまけにライブ時間は3時間、曲数約30曲。
しかしそれ以上に凄かったのはツアーの為のリハーサル。
10日間で100曲以上仕上げなけりゃならなかったリハーサルは毎日平均11〜12時間びっちり(休憩全部で40分ぐらい)しかしいろんなところに行けて楽しかったなぁ。
しかし加山さんは凄い! とりあえず若いし、体力あるし、風邪ひいても弱音吐かないし、船持ってるし、英語ぺらぺらだし、料理もうまい。
大スターってすっげ〜って感じ。
またの再会を楽しみにしてます!

* 広瀬香美*
あの「ロマンスの神様」の広瀬香美さんのアコースティックライブに参加。
メンバーはギターバンマツ古川氏、パーカッション丹菊氏。
素晴らしい歌声とマッチした時計台ホールでのライブは忘れられません! 打ち上げのラムしゃぶも美味しかったけど、広瀬さんはとってもキュートでした。

* 普天間かおり*
2005年4月からライブサポート&レコーディングで参加。
沖縄出身のシンガーソングライターでオリジナル、島唄、洋楽とジャンルは幅広い。
おもにアコースティック編成での活動。歌は本当に素晴らしいです!! バックミュージシャン冥利につきます。

*いきものかかり*
まだまだ初々しい彼らの記念すべきデビューシングル「HANABI」のベース参加。
とってもいい子達でした。しかし、あっという間に売れましたねぇ。
[PR]
by sting-miyamoto | 2006-09-16 02:57 | 現場
<< 〈馬場俊行〉 スティング宮本プロフィール >>