小山卓治ライヴat初台ドアーズ

約1年半ぶりのライヴとなる。
相変わらずこのバンドのメンバーは私以外
めちゃくちゃ忙しい人達なのだが、
よく本番日が全員あいていたものだ。

本日のメニューは、このメンバーで去年レコーディングした
アルバム「種」の曲を中心に構成され、
去年から続いた小山卓治ツアーの最終日でもある。
ここドアーズは3年ほど前に出来た新しいライヴハウスで、
会場すべて禁煙なのだ。
大変よろしい。

14:00会場入り、セッティングの後弁当タイム。
キーボードのたつのすけは現在ARBのレギュラーメンバーで
言わずと知れた「リオ」の生き残り。
スティング宮本とは熊本時代からの腐れ縁なのだ。
小山さんとsaxスマイリーさんみたいなものか?
お互いの恥ずかしい過去を知ってる感じだね。
しないでくれぇ~あの時の話は!
カースケさんは、aikoや沢田研二などのレコーディングでよく共演、
かなりいい感じのドラマーで、いろんな所で叩いてる超売れっ子。
そして名古屋出身、センチメンタルシティロマンスのギタリスト中野督夫。
だぎゃ~!なんて濃いバンドなんでしょう。
おしゃれなベーシストの私は引いてしまいますわオホホホホ。
とかほざいているうち、本番。

なんだかんだ言ってこのバンドも3年目、
自分にいたっては小山さんとは10年の付き合いになる(熊本時代は除く)
いつの間にやら合計260歳を超えるヒゲボーボーバンドになった。
こうなったらとことん頭ツルツル(自分は既に)入れ歯ガクガク
オシメバリバリまでいくか?!
ライヴは尻上がりに会場のテンションが上がり、
後半スマイリーさん登場で爆発寸前。
いいなあsax奏者は!一番美味しいとこもってくもんね。
アンコール、今回一番練習したお客さんを舞台にあげてのパフォーマンス。
アホなおっさん達だ。
そして最後このツアーやアルバムに参加してくれたゲストと共に
「種の歌」を合唱。
大人によるヤンチャで渋いギンギンのロックンロールショウの閉幕。
最高のバンドだぜ!

打ち上げ後、ふたたび各メンバーはそれぞれの仕事に帰ってゆく。
また小山卓治のステージに集まるその日まで。
[PR]
by sting-miyamoto | 2004-03-21 20:03 | 現場
<< aikoレコーディング アズマライヴat祖師ヶ谷ムリウ... >>