林明日香REC.&ジェリコライヴat下北沢ピエロ

久々に明日香ちゃんレコ。
今日はビギンのギタリストまさる氏作曲作詞&アレンジ2曲。
まさる氏とは初顔合わせなのでとても緊張する。
ものすごく難しい演奏を要求されるのではないか、
譜面は指定で真っ黒ではないか、ずごくこわい人で1テイク後に
「もう熊本に帰ったほうがいいよ」とかいわれはしまいか、
とても心配になる。
んが、「だからサー、ブリブリでサー、お願いします」
とか言われ、ほっとする。
南出身どうしなのでなんとなくペース配分も似てるし、
いい感じでいけそうだ。
明日香かかって来い!
つーか格闘技じゃないっつーの。

1曲目、明日香節ではあるが、そこは天下のまさる氏、ただではいかない。
コード進行とかこってるけど、すごく自然に聞こえる。
仮歌一発OK。
ていうか本ちゃんでもいけるよ。
歌のうまさは尋常ではありません。
とりあえずTV収録の為、明日香ちゃん一旦離脱。
まさる氏、スティング、あとパーカッションのアレックス(ブラジル出身)で
一緒に演奏。
2人の軽やかな演奏の中で、あいかわらずブリブリのスティングである。
詩も最高。
彼女にしか歌えない14年前の歌。

ダビングの後2曲目、なんとデキシーランドジャズ風のサウンド。
ウッドベース使用。
明日香ちゃん復帰し、タイコチーム、トロンボーン、クラリネット等を加え、
一発録り。
ちょこっと失敗する度に彼女笑う笑う。
さすが箸がころがってもおかしい年頃、
一回笑い出すとワンコーラスは続く。
もし自分がやったら間違いなくその場で銃殺されるであろう。
ともかく、とびっきりの楽しいサウンドできあがり!


ジェリコライヴat下北沢ピエロ

パニクルーのレコーディングに引き続き、
夜はジェリコ初のピエロワンマンライヴ。
機材は東に借りることにする。

20:30頃現場に着くと、久々にパーカッションの丹菊氏に再会。
今日はゲストで何曲か参加していただく。
ギターけんじ、チェロ菊丸(いつのまにやらメンバーになっている)と共に、
わぁわぁ言いながらセッティング。
客席もいいかんじで埋まってきてるし。

21:00ライブ 開始。すでに客席は満員だ。
初めてと言うことで最初少し固かったが、すぐに持ち直し、
ピエロがジェリコの世界に染まる。
みきちゃんの声も冴えてまっせぇ~!
ちょっくらほろ酔いかげんで、いい感じ!
ゆく人達も興味深く店をのぞいてゆく。

2ステージより丹ちゃん参加。
初めて合わせるにもかかわらずバッチリだ。
彼は最近自分のバンドで歌ったりもしていて
とても歌心があるリズムを奏でる。

3ステージに東が客席に登場、生意気にもリクエスト等。
そして12:00頃アンコール、名曲「ジプシーアイズ」。
ジェリコ初のピエロワンマンも大盛況のうち終了。
また来月もでます。
はっきりいってかなりいいよ。まじで。
[PR]
by sting-miyamoto | 2004-03-02 20:06 | 現場
<< 辛島美登里REC. 宮本浩次ライブat大阪バナナホール >>