劇版 レコーディング

今日はいつも「千葉紗子」レコーディングでお世話になってる
梶浦さんアレンジによる劇ばんで、
アニメの主題歌とかバックで流れるやつ。
1曲3分ぐらいのインストゥルメンタルを5曲ほどベースを弾く。
戦いのシーンやほのぼのとしたシーンそしてラブシーン等、
場面に合うサウンドをレコーディング。
そういえば前に声優さんの現場を見たことあるが、
身振り手ぶりをまじえながら、本当にお芝居してるよう。
マイク1本でみんな入れ替わり立ち代わり声を吹き込む。
さすがプロだと思った。
私も負けずにプロのベースを弾くぜい!なんでもこい!

1曲目、デモテープをまず聞く。
しょっぱなから8分の9拍子の複雑な曲。
プロとしての誇りプライドそしてやる気がいっきょに失せる。
他メンバーも「こんなんできるかい!」と顔に書いてあるが、
そんなこと死んでも言えないのでとりあえず音決めのふりをして練習。
いつまでたっても始まらないので、
ディレクターの森氏が痺れをきらし「そろそろよろしくです!」の催促。

腹を決め、1テイク目突入。
プレイバック、結構ベースイケテる事判明、かなりほっとする。
この調子で5曲サクッとレコーディング。
こんな現場を経験しつつ、まだまだ前進し続けるスティング宮本でした。
[PR]
by sting-miyamoto | 2004-02-02 20:09 | 現場
<< 円道一成ライヴat荻窪ルースター ジェリコライブ at 二子玉川... >>