森山良子BS日テレ「名歌絶唱」収録

朝10:30、祖師ヶ谷大蔵にある東京メディアセンターに到着。
この前テレビで「みのもんた」が新人のタレントに向かって
「きつい、眠い、寒い、暑い、さえいわなければ、大物になれるよ」
みたいな事を言っていたが、私はとっくに脱落。
「ねむ~い!」「きつ~い!」「腹減った!」「プレステ2がほしい!」
「格闘技をもっとテレビで放送しろ!!」
もう不平不満を口に出しまくり.....。
残念ながら「みのもんた」にはなれないらしい。

ほどなくメンバー集合し、リハーサル開始。
テレビなので音をでかく出す必要はなく、モニター決めも早い。
ライブだとすべての段取りはステージ上中心に進むが、
収録はすべてのセクションが同時進行なので、あまり時間がかけられない。
セットは白を基調とした奇麗なセットだ。

昼食後、森山さん合流。
いつも通り明るく「おはよ~!よろしくお願いします!」
きっと森山さんはみのもんたになれるに違いない...、
というかみのもんたか!?

13時収録開始。
一曲につきカメリハ一回、本番一回のペースで進む。
バンドも他セクションも誰も間違わない。
っていうか、歌が完璧なので間違えられないとですたい!
あっと言う間に5曲終了(一時間番組なので、全8曲)

短い休憩の後、本日のメイン「聖者の行進メドレー」。
今回は作曲者の前田先生とジャズ界では有名なサックス、
トランペット、トロンボーン、クラリネット奏者
(すいません緊張してて名前全然覚えてません)を迎え、
いつもはシンセでやってるパートを全部”生”でやるのだ。
なんちゃってジャズしかやった事ない私が、
本物のジャズメンの後ろで弾いてもいいものか....!?
「スイングしないやつは死んでしまえ!」などと怒鳴られはしまいか?
よーく見ると、みなさんも初見なので大変そう。
こうなったら開き直って、ブリブリロック4ビートでいくしかなーいっ!!

一回リハの後カメリハ本番(カメラチェックなんだが、よかったらOKになる)
こんな緊張感は、初めてスペースマウンテンに乗った時以来だ....。
ベースソロも殺されずに終え、エンディング。
ディレクター「・・・OKです!」
場内拍手に包まれる。
やっぱすげ~なあプロは!.....って、私もだけど。
押さえでもう1テイク録り、本日のメインイベント終了。
ジャズメンの方々はとっ払いでギャラを受け取り
次の現場へ向かうのでありました。

我々は、そのまんまの勢いで残り3曲録り終え、
予定通りの20:00全日程終了。
みなさんお疲れ様でした。
今日はビールがうまいぞい!
[PR]
by sting-miyamoto | 2002-11-29 20:36 | 現場
<< 山本英美ライブ at 表参道FAB 森山良子ライブ at 茨城 >>