高木麻早ライブ at 青山マンダラ

皆さんはこの「高木麻早」という人を知ってますか?
私は知らなかったのだが、
約20年前に「ひとりぼっちの部屋」とか『シーハイル』 『あいつってさ』
などの曲がけっこうヒットしたらしい。
現在、名古屋在住でラジオなどやりつつ、主婦をしていらっしゃる。
最近は当時の曲をリアレンジしてアルバムを出し、
その流れでライブをする事になったのだ!

なんとっ!人前で歌うのは(カラオケは除く)20年ぶりとの事。
リハ中も「逃げ出したい...」が口癖だった彼女だが、
いったん歌い出すとさすが。
最近までボーカリストは声量がないとダメだと思っていたが、
大事なのは「声の大きさ」ではなく、「声の抜け」!!
フラットする事なく、力まず心地よい響き。
そんな表現がピッタリの声なのだ。
楽器も強く弾けばいいってもんじゃないしね。

この日のメンバーはDr.やっさん、
KEYナンブ昌江(CDの全アレンジ担当でバンマツ)
そしてギターはなんと松原正樹&安田裕美(!)
日本の音楽の歴史でこの2人が残した功績は大きい。
高木さんと同様、水が流れるかのような無理のないリズムと音使い。
バンドのリズムを引っ張ってゆくのは、ドラムだけではないとつくづく感じる。
20年ぶりの念入りなリハも終わり、後は本番を残すのみ。
本番前、はち切れんばかりの緊張が伝わる。がんばれ高木麻早!

....そしてついに開演。
ライブが進むにつれ、20年間の空白が少しづつ埋まってゆく。
お客さんも、きっとあの時に思いを寄せているのであろう。
当時の売れっ子歌手のスケジュールははんぱじゃなかったらしい。
辛かったこと、楽しかった事、ステージで1つずつ語られる。
笑いあり、涙ありとはこういう事なのね。
そしてライブ終了。
とても20年ぶりとは思えないすばらしいライブでした。
今度は地元でもやりましょう!

P.S. 終演後、ギターの安田さんの奥さんを紹介される。
   「山崎ハコ」さんだった。びっくりした。
[PR]
by sting-miyamoto | 2002-11-12 20:39 | 現場
<< アズマライブ at 下北沢ピエロ 千葉妙子ライブ at お台場ド... >>