4月某日ジョージハリソントレビュート(くもり)

白井良明氏が参加するジョージの追悼アルバムにてベースを弾く。
曲は「サムシング」である。
まさかこの曲をレコーディングすることになるとは・・・・。
メンバーはDRにカースケ氏、ギターはもちろん良明さん、
そしてVOはジュリー!

「とりあえず一回練習してみましょう」という白井氏の合図で開始。
トレビュートなんでオリジナルにこだわらなくていいのだが、
これがまた難しい!
ベースラインが歌メロと同じ位頭に残ってて、
弾いててつい出るんだこれか。カースケ氏も、とりつかれてる模様。
いろいろ工夫してみるが、ついに開き直る。
「そのまんまでやろ~っと」
プレイバックを聞くと、自分じゃないみたいだが、
ポールよりはストロング(てゆうか荒っぽいだけ)。

昔山下達朗さんのインタビューで
「ビートルズに一回はまっちゃうと、一生抜けれないから僕は聞かない」
というような事を言ってたがそうかもしんない。
まあ私の場合それでもいいけど。
でもこんなベースライン、他の曲でもすらすら出てきたら
どんなにカッケー事か!
さりげなくプレバック中、ハモったりしてみたりして。

ギターダビング始まる。
これがまたかっこいいのだ!さすが「ムーンライダース」のギタリスト。
以外なアーティストも参加しつつ、5月20日には早くも発売らしいので、
興味ある人はぜひ聞いてみてください。
良明さん、すてきな企画に呼んでいただいて有難うございました!
[PR]
by sting-miyamoto | 2002-04-09 20:53 | 現場
<< 4月某日セッション 4月某日そんな季節(はれ) >>