2002年 05月 05日 ( 1 )

5月某日千葉紗子ライブ本番

いよいよ本番の日。
東京FMホールまでの道程、昨日のリハMDをチェック。
けっこう複雑な決めとか多くて、大変な曲とかあったりする。

12:00現場到着。とりあえず楽屋弁当かっ食って、リハ突入。
今日は開演が17:30と早いので、ステージチーム、照明チーム、
グッズ販売チーム入り乱れてワァワァゆうて大混乱。
リハ終えて楽屋に入る
と今度は衣装チーム、サイズがどうしたこうしたでワァワァしてる。
あっと言う間に本番10分前。

ステージでは「天使のしっぽ」3人組が出演中。
袖で声だけ聞いていると、アニメのキャラクターそのもの。
メンバー全員で円陣を組み、気合を入れて出陣。
今日のお客さんはどんなノリなんだろうか?
いつもの客層とちがうし、まったく読めないなあとか思いつつ、セッティング。

1曲目、 紗子ちゃんアンブレラで登場。
「ウォ~ッ!!」とくるぞ~と身構えるが、なぜかシ~ンとしている。
んが!2曲目が始まったとたん、爆発。
なんなんだこの盛り上がりかたは!
ひたすら「かわいい~」を連呼するもの、
3~4人で同じ振り着けをするもの、ただじっと見つめるもの、
これすべて同時に始まる。

メンバー紹介のコーナー、
大声援を受けドラムのかおりん(宝塚月組風メイク)、
サックスのえみちゃん(お金持ちの娘風メイク)ソロタイム。
引き続き野郎3人の紹介。
が案の定まったく受けず。はっきりしてんなおまえら!
初挑戦のアコースティックタイム等を挟み(これが評判よかった!)、
アンコールまで約1時間半、あっという間に終了。

千葉紗子ちゃん、本当にすばらしいステージングでした。
最後のバラードに感動!またやろうね!今度は海賊のかっこうしてきます。
[PR]
by sting-miyamoto | 2002-05-05 20:50 | 現場