2002年 06月 18日 ( 1 )

加藤登樹子&黒田倫弘ジョイントライブ at表参道テレアトロスン

なんとも珍しい組み合わせだ。
Vシネマで共演し、黒田氏が加藤さんに曲を提供した関係で
実現したらしい。
馬場一裕(G)染谷俊(PIANO)そして私(ウッドベース)
というサポートメンバー。
場所は表参道にある加藤さんが経営するロシア料理店。

今日はワールドカップの日本VSトルコがあるので、
サッカー好きの加藤さんの意見でその時間リハ中断。
黒田氏、染谷氏そろってユニフォームに着替える。
でかいスライドに写してみんなで応援するが、惜敗...。
暗いリハ再開となる。

この店はとてもオシャレで、「紅の豚」で出てくるジーナが歌うシーンは
このステージらしい(加藤さんはジーナの吹き替えやってます)。
アコースティックの黒田氏もとても新鮮で、改めて歌うまいなあと思う。
そして加藤さんの歌声は聞く人の耳にやさしく囁きかけるようだ。
本当に力抜けてる。
私もいつかこんな風にベースを弾けるようになりたいものだ。

本日のお客さんは黒田氏のファンが多かったが、
加藤さんが歌ったり話したりするうち、
どんどん引き込まれていってるのが判る。
まるでテレフォンショッキングみたいな雰囲気だ。

この日のライブはビデオ発売されるらしい。すんげぇ楽しみだ。
加藤さん&黒田君、呼んでくれてありがとう。またなんかやろうね。
[PR]
by sting-miyamoto | 2002-06-18 20:45 | 現場