<   2002年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

4月某日千葉紗子ライブリハ初日

さてさて今日からゴールデンウィーク、
5月5日のライブに向けてリハーサル始まる。

この「千葉紗子」さん、声優さんなのです。
レコーディングではアニメの主題歌やゲーム音楽等やったけど、
ライブは初めて。
彼女はアニメ版「コメットさん」のテーマソングとか歌っているらしい。
う~ん、そっち方面はまったくわからんぞ!
大場くみ子版は見たことあるが。
あとアニメだとピンとくるのは「宇宙戦艦ヤマト」、「ルパン3世」とか
宮崎駿監督作品、「ドラえもん」、
あとH系で「くりいむレモン」ぐらいしか思い浮かばない。
本人の写真みたが、顔ちっちゃいしアニメから出てきたようなルックスで
とてもプリティー。
でかくて髭づらの俺なんぞが後ろでベースなんぞ弾いてていいのだろうか?

聞くところによると「天使のしっぽ」なる3人組 (平均年齢12才)が
ゲスト出演するらしい。
恐がられて泣かれはしまいか、
ベースの低音で「子供が夜うなされます」等と親から苦情がこないか、
ついでにそのお母さんが若くて美人だったらいいなとか
いろいろ思うところはあるが、とりあえずスタジオに入る。

今回のメンバーはギター古ちゃん(中村俊介でいっしょ)
キーボード誠ちゃん、ドラムかおりん(川本まことツアー参加)
サックスえみちゃん(前回も参加)の5人。
平均年齢、もしかして20代かもしんない。
とりあえず軽い挨拶などかわしながらセッティングしていると、本人登場!
顔小さいていうか、ない。みたい。
とにかくこの6人のメンバーで5月5日に向けて、
血のにじむようなリハーサルが始まるのだ!レッツミラクルだぴょ~ん!
[PR]
by sting-miyamoto | 2002-04-29 20:51 | 現場

4月某日プライド

2ケ月に一回の恒例格闘技観戦の日。いつものメンバーアズマ宅に集合。

3~4年前はこのメンバーで体育館を借りて、
寝技とか打撃の練習をしていた。
やはり格闘技観戦は痛さを知っている方がよい。
「いつ何時誰の戦いでも見れる」準備を怠ってはいけない。
1回の練習で1週間は身体がいたい。
私は剣道しかやった事ないが、
他の人達は空手、柔道、シューティングの経験者なのだ。
スパーリングみたいな事をするのだが、みんな気を使ってくれ
「やさしさキック」や「思いやり腕十字固め」
また「スローモーション倒し」等で相手をしてくれる。
まるで親戚のおじさんに遊んでもらってる子供状態。

17:00試合開始。今日は試合数は少ないがマニアックな試合がいっぱい。
マリオスペーヒーが負けたのは残念だったが
ミルコVSシウバも緊張感あったし、
後味悪かったが菊田VSアレクもそれなりに面白かった。
あと近々ヒクソングレーシーが復帰するらしいが、
「ヒクソンVS長州」だけは勘弁してほしい。ほんと。

次のプライドは6月、また明日から仕事がんばろっーと。
[PR]
by sting-miyamoto | 2002-04-28 20:51 | 雑記

4月某日染谷リハ

5月は染谷ライブ強化月間なのだ。
30日のワンマンに向けて、スピアヘッドで5本、ソロで3本
イベント等に出演予定。

今日はそのためのリハ初日。
ちなみに5月は他のライブも合わせてDR.やっさんとずーっといっしょ。
やっさんは他でもバリバリ売れっ子なのだ。

染谷氏、新曲2曲持ってくる。
くそ忙しい中でよく造ってんなあ。
そしてさっそくアレンジで煮詰まる。
3時間ほどあーじゃこーじゃやって、休憩。
染谷氏、なにげに「パイオニア」のイントロ弾きだすと、
メンバーもなにげにセッション。
これがまたかっこい~!あっという間に完成!
なんか女の子を3年かかってもくどけなかったり、
会ったとたんokになるのと近いのではなかろうか。

気分がいいところでミーティング(ていうか飲み)。
得意の「ラストオーダー時一気注文」もでたし、ほどほどで解散。
[PR]
by sting-miyamoto | 2002-04-26 20:52 | 現場

4月某日パニクルーREC

渋公ライブの興奮もさめやらぬうち、井手功二氏プロデュースによる
レコーディングに突入。
ローディのナベちゅんとともに、コロンビアST.へ。
下北からはとっても近いのだ。

途中車の中で、パチンコの話になり、最近のスロットは
1日に5万枚(100万円!)とか出るらしいと聞いた。
高校時代、友人4~5人で制服の上だけ脱いで(バレバレ)
帰り道のパチンコ屋で遊び、「今日はタバコ2個とった」とか
「300円とチョコゲット!」などと自慢してたのがなつかしい。
とかいってるうちに到着。

スタジオに入ると、パニのメンバーDJてっちゃんと
ギターのコンちゃん(前回ツアーメンバー)に遭遇。
ライブリハで会うのとは違い、
正月にしか会わない従兄弟に道でバッタリあったような感じ。

着くと同時にREC.開始。
今日は1曲をブツ切りで録り(イントロだけとかサビだけとか)、
あとで編集するやり方。
くだらないギャグを連発しあいながら作業は進む。
最近あんまりやらない(ていうか苦手)チョッパーフレーズも登場。
なんとかボロが出ずに約1時間で終了。
クイーン風のイントロで始まるかっけ~ダンスミュージックで、
8月にシングルとして発売予定らしい。
ぜひ聞いてみてね!

そして井手氏と共にパニクルー関係者に再び営業攻勢。
DJてっちゃん苦笑い。
まだまだレコーディングは続くがこれにて退散。お疲れ様でした!
[PR]
by sting-miyamoto | 2002-04-25 20:52 | 現場

パニクルーライブAT渋谷公会堂

去年11月のツアー以来、久々にパニのメンバーに会える日。
みんな元気かなあ。

渋公に近付くにつれ、いかにも「パニクルー見にいくよ」人口が増える。
この公園通り、どんな人達が歩いてるかによって、
その日のアーティストが何系か想像がつく。
例えば黒装束に緑髪がいっぱいだとビジュアル系、
ジーパンメガネに小肥りだと声優さん、
若作りのおばちゃん達だと往年のアイドルとか。
今日は制服が多いみたい。

現場に着くと、まるで石の下で見つけたアリのように
若~い子達がウジャウジャ。
人波を掻き分けなんとか受付に辿り着き、KEYの誠ちゃん、
作詞作曲家の井手功二氏(ともに前回ツアー参加)
合流し、3人仲良く並んで座る。
「ステージ金かかってそうだね~」
「バンドいないから広いし」
「でもなんか楽器がないと寂しくない?」
などと、呼ばれなかった3人で悪態をついている内に開始ベルがなる。

ライブって1曲目が興奮するよね!
知ってる曲がほとんどなんで、自然と指が動く。
あーっ弾きたい!!
ステージでは歌にコントにメンバー大忙し。
後で聞いたのだが、今回みんな怪我だらけで大変だったそうだ。
その日に決まった出し物もあったらしいし。
あっという間の2時間。

ライブ終了後、控え室でみんなとご対面。
最終日が終わりみんなほっとしてる様子。
リーダー、早くも乾杯のビールで目がすわり始める。
この後の打ち上げはみんな爆発する事でしょう...(前回も凄まじかった!)
メンバー全員とガッチリ握手して解散する。
10月またツアーやるみたい。
スケジュール空けて待ってます!
(マネージャーのY氏、しつこい営業すいませんでした)
[PR]
by sting-miyamoto | 2002-04-19 20:52 | 現場

4月某日アズマライブ

さて、今日は青梅の「わあす」という画廊でライブなのです。
今日のメンバーは、VO(サンシン)ウッドベース、アコギ、
笛&チェロ(200万)の4人編成。

菊丸さんと車にて青梅に向かう。
だんだん故郷の熊本に感じが似てくる。山とか道とか。
そういえば、熊本にはもう6~7年帰ってない。
この前、久々会った友達に「おまえの熊本弁はうそくさい」といわれた。
時々でる「~でさ~」という接続詞が許せないらしい。
まあこの僕が10数年に渡る芸能生活で次第に洗練され、
都会的なセンスを身につけてしまったのは
ウスウス感じてたけど等とほざいているうち青梅到着。

小高い丘の上にポツンとある築200年の家「わあす」。
わらぶき屋根がしぶいぜい!
リハが終わり、おばあちゃんの部屋のような控え室でお菓子などつまむ。
ぞくぞく集まってくる住民の皆様。はっきり言って満員です。
初対面という事もあり、最初みんなかたかったが、
「大多摩節」「りんご追分」等で徐々にほぐれ、
最後に「御嶽そま唄」で踊り狂う。
最前列のおばあちゃんも腰浮いてました。
この町のほとんどの人は子供のころからご当地ソングが
身についてるらしい。
熊本だと「おてもやん」か。
大盛況のうち終了、そして打ち上げでは、
土器で炊いた赤米(古代米)をつまみに恒例の呑んだくれ。
次は6月にやります!
[PR]
by sting-miyamoto | 2002-04-18 20:53 | 現場

4月某日セッション

前日行われた恒例の「染谷俊ミーティング」で熱く語り合い、
またもや...飲み過ぎる。
誰か止めてくれ~!つー感じの二日酔いの中で、渋谷の
(ドラムのやっさんに教えてもらった)某ライブハウスでセッション大会。
ミュージシャン達が集まり、飛び入りやったもん勝ちでガンガン演奏する。
プロミュージシャンがほとんどで、みんなとっても上手!!

今日は、初見参ギター西村氏(シングライクトーキング)と共に久々の参加。
なかなか始まらないのに痺れをきらし
某ギタリストA氏、一人ステージで音を出し始める。
途端に「バーゲンセールのおばちゃん状態」で、
我先にとステージに乱入するミュージシャン達...。
大人だろうがみんな!(ちなみに、一番のりは私である)
かるいブルースのあと、円道いっせい氏Voによるオリジナル。
(円道さんバンドとはDrのやっさんも一緒)渋いぜ円道さん!
そしてついに西村氏登場!!
(ちなみに彼とは4年くらい前のソロツアーのサポートでご一緒しました。
またやろーよ!)
口では遠慮していたが、
音だしたらギンギンジャンジャンキュインキュインゆーてから。

今度はアズマと染谷も連れてこよう!
前の日がたたり、早目においとましました。
[PR]
by sting-miyamoto | 2002-04-12 20:53 | 現場

4月某日ジョージハリソントレビュート(くもり)

白井良明氏が参加するジョージの追悼アルバムにてベースを弾く。
曲は「サムシング」である。
まさかこの曲をレコーディングすることになるとは・・・・。
メンバーはDRにカースケ氏、ギターはもちろん良明さん、
そしてVOはジュリー!

「とりあえず一回練習してみましょう」という白井氏の合図で開始。
トレビュートなんでオリジナルにこだわらなくていいのだが、
これがまた難しい!
ベースラインが歌メロと同じ位頭に残ってて、
弾いててつい出るんだこれか。カースケ氏も、とりつかれてる模様。
いろいろ工夫してみるが、ついに開き直る。
「そのまんまでやろ~っと」
プレイバックを聞くと、自分じゃないみたいだが、
ポールよりはストロング(てゆうか荒っぽいだけ)。

昔山下達朗さんのインタビューで
「ビートルズに一回はまっちゃうと、一生抜けれないから僕は聞かない」
というような事を言ってたがそうかもしんない。
まあ私の場合それでもいいけど。
でもこんなベースライン、他の曲でもすらすら出てきたら
どんなにカッケー事か!
さりげなくプレバック中、ハモったりしてみたりして。

ギターダビング始まる。
これがまたかっこいいのだ!さすが「ムーンライダース」のギタリスト。
以外なアーティストも参加しつつ、5月20日には早くも発売らしいので、
興味ある人はぜひ聞いてみてください。
良明さん、すてきな企画に呼んでいただいて有難うございました!
[PR]
by sting-miyamoto | 2002-04-09 20:53 | 現場

4月某日そんな季節(はれ)

「アズマ」のボーカル、東宅において花見。
2階なので桜が手に届きそうでかなりいい感じである。

ガキんちょ2人出迎え。「でかくなったね!」とお決まりの挨拶。
しかし本当に子供はすぐでかくなる。
この前テレビで見たのだが、アザラシの子供は1日に
2キロづつ成長するらしい(ちなみに親は4キロづつ痩せる)。
人間の子供の顔のアップだけを一ケ月ぐらいビデオで撮って早回ししたら
「バンパイヤ」みたいに変身すんのか、等と思いつつ酒を飲む。

参加者全員焼鳥の差し入れ(しかも全部同じ店)で
東宅ベランダは「焼鳥大食いTVチャンピョン」の会場のようだ。
それにしても子供はくすぐると非常に喜ぶ。
熊本にいる7年会ってない姪(もう中学生か)にもよく、
「コチョコチョ光線!」などと遊んであげたものだが、
もう喜ぶどころかヘンタイ扱いされるだろうなぁ等と
少しブルーになりながら焼鳥を食らう。

ここで一句、
「アザラシは 翌日会うと マジでかい 昨日のゴマちゃんどこえやら」
う~ん。桜でアザラシもねーだろ。
「桜散る 花びらの先ガキがいる コチョコチョ光線発車だぞ~」
よしのってきた。
「子供らと 意志の疎通はくすぐりか 大人になれば ヘンタイ扱い」
さらにひとつ。
「花見酒 理由をつけては飲むけれど なきゃーないで飲んだくれてるよねいつも(字余り )」バカすぎるので終了。
[PR]
by sting-miyamoto | 2002-04-05 20:54 | 雑記