<   2003年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

小山卓二REC.

さて、いよいよ始まりました!
去年、一昨年と一緒にやってるライブメンバーでアルバムレコーディング。
今回は2日で7曲録るという、強行スケジュール!

11:00阿佐ヶ谷の住宅街にあるスタジオに到着。
2階建てのおしゃれな建物で天井も高く、その筋の人が見たら
ヨダレもんの機材がびっしり。
リボンのマイクって見たことある?
でっかい貯金箱ぐらいある古いマイクで、とても太い音で録れる。
ミュージシャンはどのパートの人も、
とりあえず「音が太い」と言われるとうれしい。
みんなも試しにライブ後アンケートに
「~さんのベース(ギターでもよい)太い音でしたよ!」と書いてみれば?
喜ばれる事、この上ないでしょう。

ほどなく小山さん&メンバー及びスタッフ集合し、音決めに入る。
アレンジにはほぼ問題ないが音決めにやや時間をさき、
16:00ごろレコーディング開始。
夕食以外は休憩なしでダビングも同時進行でガンガン進む。
ドラムのカースケ氏とは他でもいろいろ共演しているが、
とても安心できるビートを叩く。
派手なオカズもあまり出てこないけど
全然地味じゃない不思議なドラミングなのだ。
午前2時なんとかノルマ達成!明日もがんばりましょう!

~~来月の新陳代謝~~

今年からの目標「何かをやめ、何かを始める」を決める日がきました。
いろいろ考えるとやめなきゃいかん事、やらねばならん事があまりにも多い。
いかに今まで後回しにしてきたか....。
まずやめるほうだが、先月からお小遣い帳をつけていて気付いた。
格闘技関連の雑誌買い過ぎ!!
日刊スポーツ&東京スポーツを毎日、週間ファイト、
プロレス、ゴングを毎週。格闘技通信&ゴング格闘技を月2回。
気付かなかった.........。断腸の思いで日刊、ゴングの2つやめます。

そして始める方は帰宅時の「手洗い&うがい」に決定。
インフルエンザもあるし。
今月の独り言でした。
うへへぇ~。
[PR]
by sting-miyamoto | 2003-01-31 20:23 | 現場

前編 松浦亜弥REC.

最近、森山良子さんの現場でギターの鈴木氏と知り合い、
「つんく」関係のREC.に呼ばれるようになった。感謝感謝。
ということで、有明にあるスタジオにやって参りました。
新橋から「ゆりかもめ」に乗って終点まで行き、そこから15分ほど歩く。
森山さんのライブで鍛えられたので、まったく苦になりましぇん!
13:00現場到着。

本日のドラムは佐野氏。「aiko」「真心ブラザーズ」等で共演。
ベースを盗まれた話などしているところに鈴木氏&ディレクター到着。
「あやや」の歌は、昨日録ったらしい。残念.......。
今日の曲はカントリー調のゴキゲンな2ビート。
当然ベースはブリブリバリバリ音!
佐野氏のドラミングは、まわりのテンションをぐんぐん上げてくれる。
頭のオカズとかも毎回違うし、チョ~ポジティブなプレイなのだ。
おかげさまで元気いっぱいのテイクが録れました。
「あやや」の歌も大CUTEなんでぜひ聞いてみてね!

佐野氏のスプーンプレイの途中、染谷ライブの表参道に向かうため退散。
あとはまかせたぜ!!

~~後編 染谷俊ライブ at 表参道FAB~~

わぁわぁいいながら表参道に到着。
FABは2月22日の染谷バースディライブの会場でもあり、
今日はその挨拶代わりといったところか.....。
出番はトリ。昼間レコーディングの為、会場リハができなかったので
楽屋に3人集まって口リハをやる。
新曲を2曲もやるもんね~。えらいぞ染谷!
そして本番。最近のお気に入り「フォルツァ」で幕開け。
始まっちゃえば、こっちのもの!って感じ。
細かいミスはあったが、いいライブだったみたい。よかったよかった....。
222への確かな手応えを掴んだ染谷俊&スピアヘッドでした!!

ライブ終了後、焼鳥屋で簡単な打ち上げ。
吉本の山田花子がいました。
以外とかわいらしかったなあ。
[PR]
by sting-miyamoto | 2003-01-24 20:23 | 現場

沢田研二REC.2日目

2日目、今日の曲は前回のアルバムでもやったアコースティック1発録り。
最近お気に入りのベース、マーチンのアコベ登場!
去年はまだ手に入れてなくてレンタルでレコーディングしたのだが、
それが音悪い上に壊れていて、とても悔しくて.....。
半年ぐらい楽器店をまわってようやく購入。
普通のアコギに太い弦を張ったみたいな感じて、音にとても味があり
和音なんかもすごく奇麗なのだ。

良明さん、カースケさんと3人で集まって音のかぶりとか気にせずに録音。
一発OK!今回3曲とも直し無し!!
とても気分がよい。やっぱこれだよね。
片付けている間にギターのダビング終了。
珍しいことに本日のREC.16:00終了予定とのこと。
みんなで一緒にスタジオを出る。

良明さんお疲れ様でした。
沢田さん、また呼んでくださいね。
カースケさんとは「小山卓二」さんのレコーディングですぐにまた一緒。
宜しくお願いします!
ローディのナベと明日の現場へ機材を運んで今日の予定終了。
[PR]
by sting-miyamoto | 2003-01-23 20:23 | 現場

沢田研二REC.

毎年恒例の「沢田研二」レコーディング。
白井良明氏アレンジによるこのプロジェクトも今年で7年連続になる。
この時期になると、いつも「今年は呼ばれるかなあ?」と
気になってしょうがない。
呼ばれて良かった良かった!

さて、今日はアルバムレコーディング初日。
普通ボーカリストは楽器のセッティングがないので
ミュージシャンより2時間遅れて、スタジオ入りしたりするのだが、
沢田さんの場合、入りが早い。
毎年のことだが、本人より遅れるとまずいかなあと思い、早目に行く。
が、2時間前はちと早過ぎ.....。

ドラムはカースケ氏、ギターはもちろん白井良明氏。キーボードはなし!
今年のアルバムのテーマは「曲のサイズは短めに!」らしい....。
なので、本日のレコ曲はシンプルなロケンロール。
ライブでやったら楽しそうな曲だ。
衣知川さん、うらやましいぞ!

ものすごくスムーズに進み、1テイクOK、直し無し!
イェ~イ!!ってな感じで1年ぶりのレコ初日は無事終了。
明日も宜しくお願いします!!
[PR]
by sting-miyamoto | 2003-01-22 20:24 | 現場

森山良子ディナショー at 新高輪プリンスホテル2日目

今日の入り時間は、2日目ということで9:30。
昨日よりは遅いがミュージシャンにとっては
つらいことに変わりがない......。
油断して山手線で寝すごしてしまった!
よって少々遅刻。即効ステージに向かい簡単な音チェック、10:30終了。

本番まで4時間、メンバーそれぞれの時間を過ごす。
私は仕事関係でたまっているメールや日記を書いたりする。
去年から続いているこの日記は、ほとんど移動中の電車や車で
書いている。
なので書く速さには自信があったのだが、
千葉紗子で共演した「天使のしっぽ」3人組(小学生)の
メールの速さには驚かされた。
両手でガンガン打ち込んでゆく。もちろん絵文字つきだf(^_^;)。
ちなみに、パソコン打ち込みの達人は1秒間に19文字らしい....。
すごすぎ!
つーことで日記やらなんやらで時間を潰す。
本番前1ベルの後ステージ袖で待機するが、
会場から強烈な酒の匂いが漂う。
いやねぇ~、酒飲みって。昨日よりも客のテンションが高そうだ。

1曲目、森山さんは客席から歌い始めるのだが、
もみくちゃ状態に.....。なんとかステージ上に脱出。
そしてゲストの時間、紹介されたムッシュが走ってくる。
還暦らしいがすごく若い!
予定外の曲も歌い、ノリノリだ。
最後まで緊張感が途切れることもなくライブ終了。
森山さん、スタッフの皆さん、メンバー、2日間お疲れでした!
16:00終了。

五十嵐と駅までツーショットで歩いてゆく。
照れるなあ、2人きりは.....。
[PR]
by sting-miyamoto | 2003-01-21 20:24 | 現場

森山良子ディナショー at 新高輪プリンスホテル

今年最初の森山良子ライブ。

某企業の新年会で、ディナーショーというより
ランチタイムショーな時間に開演となる。
入り時間は朝7:00(*_*)!!!
......ということは、家を6:00には出なければならないっ!
つーことで徹夜決定。
機材は前日に搬入したのだが、この辺りはホテルだらけでかなり迷う。
そして現場は「飛天の間」。
政治家のパーティや大物芸能人の結婚式などで
ちょくちょくテレビに映る所だ。
搬入口から中に入った瞬間、その高い天井と広さに驚かされる。
ちょうどディズニーランドの「カリブの海賊」の最後に
海賊達が戦闘しているだだっ広いゾーンがあるが、
それを初めて見た時の感動に似ている気がする......。
とってもバブリーな場所だ。

7:00過ぎに現場到着。
スタッフはほとんど眠らずに作業中。えらい!!
しかも本日のステージ上はライブだけではなく、
いろんな催し物があるので転換が大変なのだ。
念入りなリハも終わり、楽屋で待機。

本番の14:30までとにかく寝る。
本日の目玉はゲストになんとっ!ムッシュかまやつ氏が登場!!
森山さんとムッシュはいとこなのだ。
本番、酒も入っているのでお客さんのテンションは最初から異常に高い。
普段のライブと違って、やってるほうも面白い。
そして、ゲストタ~イム。
やる曲は決まっているが、いっさい打ち合わせなし。
かまやつ氏の視線がなぜか私に。
「どうやって始める?」
「適当に始めてください。あとは付いていきますから」
......みたいなやり取りを言葉なしに瞬時に目で合図しあう。
これがいいんだよね、セッションは!
バッチリ決まり、ムッシュ退場。
プロフィールに追加しよ~っと。大盛況のうちライブ初日終了。
明日もよろしくです。
ちょっと早目の16:00解散)^o^(
[PR]
by sting-miyamoto | 2003-01-20 20:25 | 現場

ボンジョビ・ライブ at 東京ドーム

染谷とマネージャーの井上さんと共に、外タレを見にいく。
(やっさんは風邪の為ドタキャン!!)

しかし、ドームでライブ見るのも久しぶりだ。
最近はドームと言えば格闘技観戦かイベント
(この前はふるさと自慢物産市)でしか来なくなってしまった。
イカンイカン......。
格闘技の場合は客がすごくわかりやすく、水道橋駅に近付くにつれ、
だんだんマニアが増えるのが判る。
圧倒的に男が多く、その日の試合予想等を連れと大声でしゃべったり、
格闘技雑誌を黙々と読んでいたり.....。

ボンジョビの場合は男女半々みたいだけど、あんましわかんないなあ。
キッスとかみたいにペイントもしないし。
席はベンチのすぐ裏で1階の一番前。
すごく良い席で思わず「格闘技だっら2万はする席だよ」と
連れの2人に興奮気味に説明。
さらに「この席でヒクソン・グレイシーの試合見たかったよ~!」
2人全く興味なさげ。
くすん......。
会場はほぼ満席で、いつもよりアリーナ席に沢山人がいるみたい。

いよいよ開演。お客総立ち。
音も最初こそ訳判らんかったが、徐々にいい感じに。
ボンジョビって本当にヒット曲多いのね。
実は、最近はあんまし聞いてなかったのだが、
ほとんど聞いた事がある曲でした。
ステージ上には、噂の「10億円」パラボナアンテナが所狭しと並ぶ。
とっても奇麗でした!

アンコールの曲は上出口付近で見る。
アリーナ席とステージが一体となり、外国のロックフェスのようだ。
さすがボンジョビ!スケールのでっかいライブをありがとう。
いつまでもロックアイドルでいてくれ!アレンジいっぱいパクろ~っと。
[PR]
by sting-miyamoto | 2003-01-16 20:25 | 雑記

森山良子REC.

今日はバンマスの五十嵐氏の仕切りで、
ライブメンバーによるレコーディング。
今年一発目の森山チームの仕事になる。
スタジオで会うメンバーはなかなか新鮮だ。

ここ文化村スタジオは渋谷のどまん中にあり、
バブル時代は東京でもっとも高いスタジオの一つと言われていたが.......
今はどうなんでしょう?
入口がわからず3周ぐらいグルグル回りようやく到着。

セッティング中に森山さん到着。
一応、昨年暮れのお祝い等を言う(レコード大賞三冠とりました!!)。
今日はライブでもやっている、「愛の道標」というフレットレスベースが
とても美しい曲を録る予定。
イントロとエンディングのアレンジが変わり、
ピュアな感じプラス、広がりが加わった。
いいぞ五十嵐!
全員で「せ~の!」で演奏しながら、どんどん煮詰めてゆく。

はっきりいって歌は最初から完璧だ。
スタジオやテレビだとあたりまえのように聞こえるが、
これがもし一緒にカラオケに行き、
私が十八番の「与作」を得意げに披露した後にでも
森山さんが歌った日にゃ、己の愚かさを恥じ、即自決間違いない。
ほどなくテイクOK!
ライブでやるのが楽しみだ。メンバーの皆さん、お先に失礼します。
[PR]
by sting-miyamoto | 2003-01-14 20:25 | 現場

小山卓二REC.プリプロ

去年一昨年とON AIR WESTでやったライブメンバーで
アルバムを録ることになった。

今日は1月末から2月上旬にかけて行うレコーディングのプリプロである。
小山さんとはもうかれこれ7~8年の付き合いになるが、
レコーディングは、なんとっ!初参加!!すごい楽しみだ。
今回はバンドサウンド重視と言うことで、1発録りを基本に
バンドメンバー全員がコーラスにも参加する。
みんなでアイディアを出しながら造ってゆくのだが、
最初4~5曲の予定がいつの間にか7曲ほどに増えている。
2日で録れんのか.......!?
曲は前にアコースティックでやったのもあるが、
バンドだとまた全然違う感じになる。
小山ファン期待しててくれよ!

23:30までびっちりリハをやり、珍しく呑みもなく解散。
みなさん大変御疲れ様でした。
本番宜しく!!
[PR]
by sting-miyamoto | 2003-01-13 20:26 | 現場

AZMA三重県ライブ後編

本番の日、10時起床。
朝風呂なんぞいただき、朝食をとる。
御飯、味噌汁、卵焼きのシンプルではあるが、その奥ゆかしい味付けに
思わず3杯もおかわり。

コーヒーをすすった後に、ステージをどこにするか打ち合わせ。
結果、天気もいい感じなので庭(とても広い日本庭園)にセッティング。
今回マイクやPAは全部持ち込みなのだが、
AZMAも機材が充実して簡単な営業ばバッチリだ。
立ち位置を決める。
どうしても1人りっぱな植木に隠れて客席から見えなくなってしまう.....。
「切っちゃおうか?」
御主人が植木を切ろうとするのを必死で止める。もったいないっちゅーに!
リハ中も風の音や小鳥のさえずり等がどこからともなく聞こえ、
とてもいい雰囲気だ。

開演間近、近くに住むとみられるお客さんがぞくぞくと集結。
口々に「今日は楽しみにしてます!」と声をかけられる。
来てよかった!!
13:00開演。ギター小林君、急遽全曲参加決定。
いつもの感じでライブはすすむ。
途中に菊丸さんの本の講演や、小林君の本場スパニッスュギタータイム等
盛り沢山のステージになる。本もCDも沢山売れました。
有難うございます!

15:00終了。
機材撤収の後、夕食までの時間、地元の若者といっしょに
近くの温泉に行く。
最高!夜、みんなで鍋をつつく。
各自隠し芸やライブビデオ上映会等が繰り広げられ、
あっと言う間に出発時間。
お弁当やお土産をたくさんいただき、再び車に乗り込み、
しゅっぱ~つっ!!

次回ライブも決まりました。
本当に楽しい一時でした。
重盛さん&菊丸さん呼んでくれてどうも有難う!
[PR]
by sting-miyamoto | 2003-01-12 20:26 | 現場