<   2003年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ジェリコライブ at 二子玉川フーケ

今日は田園都市線二子玉川にある「フーケ」でのライブ。
高島屋の1階付近にあるオシャレなカフェである。
空模様が危ない中、ウッドをひきづり17:00現場到着。
湿度150パーセントはあるだろうか!?汗びっしょり。

着いてすぐに生ビールで喉を潤す。
いつもは晴れていれば外でやるらしいが、今日は店の中でやる事になる。
お客さんがいるのでリハ等なし。
店長自ら、頼んでいないのにビールのおかわりやら、
おつまみやらをガンガンに運んでくれる。
なんか、地方行って接待されてるみたい。
この店の近くは、なんとなくバブリーな建物が多数存在し、
景気がよかった時代を彷彿させる。
その頃だったら、チップとかもいっぱい貰えたかも....、
等と考えているうち本番の時間。
天気のせいもあり、お客さんはやや寂しかったが、
ライブが進むにつれ次第に拍手も増え、ビールをおごってくれる人や
ライブ予定のビラを熱心に見てる人もチラホラ。

21:00ステージ終了。
最後にお店からカレーライスを御馳走になったが、これがまたバカウマ!
ミキちゃんが頼んだ野菜カレーを間違って半分食べてしまう事件が
発生したが、CDも何枚か売れ、楽しいライブになりました。
またぜひ呼んでくださいね!!
[PR]
by sting-miyamoto | 2003-08-12 20:09 | 現場

プライド ミドル級グランプリ開幕戦

もうはちきれんばかりの興奮と期待。
ここ数日はこの日の為にあったといっても過言ではない。
ミドル級一開戦、及び今が旬と言われているヘビー級3人による
7試合が行われる。
この日だけはスケジュールも死守し、めちゃくちゃテンションも
上がっているのだ!

いつもの格闘バカ4人組と下北で合流し、
さいたまスーパーアリーナへと向かう。
新宿から埼京線に乗り換えるが、
たぶん今乗ってる車両の3分の2は自分達と同類であろう。
さいたまスーパーアリーナは初めて来たが、なかなかリングが見やすくて
良いホールだ(そういう基準かい!)

15:00試合開始。
今日の試合は全部ハズレがなく、気合いれて見ないと最後までもたんぞ!
戦慄のKO劇が続く。
でも、格闘技ファンって以外とおとなしいと言うか、真面目というか、
ヒイキの選手が負けても切れたりはしない。
ましてや、リングに物を投げ込むなどはないのではなかろうか?
今日は入口でボディチェックもなかったぞ。

メインイベントの桜庭戦。
驚きのKO負け、現実は厳しい。
吉田(柔道オリンピック金メダリスト)!
もう、お前しかいない!!などと思いつつ、再び埼京線で帰宅。
声枯れました。
[PR]
by sting-miyamoto | 2003-08-10 20:10 | 雑記

AZMAピエロ

台風通過中の為、雨と風強し。この中機材運ぶのは辛い....。
この台風で私の地元である九州地方では、
家を失った人達が沢山いるらしい。
それに比べりゃ、ウッドベースの一本やニ本どーって事はないっ!

店に着くと、お客さんと外国人店長がお出迎え。
「AZMA」もピエロに出演しはじめてから1年半が経つが、
この日を楽しみにしているお客さんもチラホラ。有り難いことです。

定刻ライブ 開始。
ここんとこ近所からの苦情もあり、備え付けの音響でやるのだが、
それにも慣れてきて、いい感じになってきました。
最近のAZMAの新曲はウッドがピッタリなのだ!
CDも何枚か売れ、ナイスなライブでした。
そろそろセカンドアルバム造りたいねぇ。
[PR]
by sting-miyamoto | 2003-08-08 20:10 | 現場

ブレット&バターライブ at 代官山

今日は、多分自分とは最も縁がない人達が集まるパーティー形式のライブ
「サーファーナイト」肌の色、洋服、履物、使う言葉、全部が違う..........。
はっきり言って外国だ~!
入口にはプライドに出場してもおかしくないような
ムキムキの黒人バウンサーが仁王立ち。
でも、おねーさんは露出度が多くてよかよかっ!

サーフィン映画上映後、本番。
この日はブレバタの2人にピアノ、パーカッション、ベースという
アコースティック編成。もう、この場にはこれしかない!という曲連発。
途中、あの南佳孝さんがゲスト登場!!
予定外の曲も飛び出しギンギンに盛り上がる。
最後は「I JUST CALL I LOVE YOU」父島バージョンで締めくくり。
いやー、若者に受けてよかったよかった。
サーファーも結構いい奴らだのう。
終了後、即飲みに突入。
朝7時まで.....。
[PR]
by sting-miyamoto | 2003-08-06 20:10 | 現場

AZMA「平和の集い」ライブ at 調布駅前特設ステージ

今年もやってきた「原爆の日」。
私の出身地である九州では、小学校の修学旅行では必ずといっていいほど
長崎の原爆記念館を見学する。
うちの母が原爆の落ちた所からは離れてはいるが長崎出身で、
私が小さい頃、当時の様子を生々しく話してくれたりした。
「無脳児」や「ビール瓶と合体した赤ちゃん」などの写真を見て、
すごいショックを受けたものだ。

ステージの近くにも、そのような写真が多数展示されている。
世界中のこども達にぜひ見て欲しいものだ。
私に今出来ることは、このようなイベントに参加し、
ただ一生懸命ベースを弾くこと。
世界が平和でありますように。
子供達に明るい未来がありますように、切に願いながら......。
[PR]
by sting-miyamoto | 2003-08-03 20:11 | 現場

ジェリコ松原正樹オープニングアクト at 六本木スウィートベイジル

ギタリスト松原正樹氏のソロライブのオープニングアクトに出演。
「ジェリコ」は、松原氏が立ち上げているインディーズレーベル
「ロッキングチェアレコード」より、4月にアルバムを発売。
さらに、私自身もブレッド&バターや高木麻早さん等で共演したり、
最近何かと縁があるギタリストだ。有り難いこっちゃ。

今日は3人に加え、パンディエロで宮川氏が参加。
ここ六本木スウィートベイジルは2年ほど前にできた
おしゃれなライブハウスで、天井も高く、小ホール並みの広さがある。
実は、10月13日に「ジェリコ」でワンマンライブをやるので、
その下見も兼ねている。
今日のお客さんは耳も肥えているので、反応が楽しみだ。

19:30本番。
松原氏の呼び込みでメンバーステージへ。
1曲目始まるが、お客さんにかなり観察されている。
初めてのお客さんの前で演奏するのはかなり緊張するねぇ....。
しかーし、2曲目が終わる頃には反応も良く、拍手も次第に大きくなる。
そして最後の曲、松原バンドも加わり、
総勢12人による「Calling My Heart」。
トロンボーンの佐野氏アレンジによるフルートが美しい!
私なんかはドラムの島村さんとベースの岡沢章さん間で、
音出してないウッドベースを弾く始末。
いやぁ~、楽しかったなあ。
包み込まれるようなやさしい演奏でした。
ジェリコの後はいよいよ松原バンド。

本当にすばらしいステージでした。
詳しくは松原正樹氏のホームページにて。
[PR]
by sting-miyamoto | 2003-08-01 20:11 | 現場