<   2004年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

モーニング娘。レコーディング

「つんく♂」ライブでご一緒した鈴木氏アレンジによる
モー娘次回シングルレコーディング。
Drは初顔合わせとなるシャ乱Qのまこと氏。
作詞作曲はいつもながらつんく♂氏である。

いやぁ~、スティング宮本もすっかり「つんくファミリー」の一員か。
ありえないいろんな妄想をしていると、楽器屋さんか自分宛に届け物。
今日はポールマッカートニーのように弾いてくれということで、
リッケンバッカーのベースをレンタル。
やっぱ、かっけ~よこのベース!
音作りなんぞやっていると鈴木氏到着。
ちなみにみなさんは「ドラえもん」の
エンディングテーマ聞いたことある?
うなぎがどうしたこうしたという、訳わからんが楽しい歌は
実はこのチームなのです。今度聞いてみて。

デモテープを聞き、さあやるかという感じ。
初ドラマーの時はここが一番緊張感がある。
まこと氏のドラムはとてもあたたかいリズムで、
彼の人柄がにじみ出ているようだ。
曲のほうも最近のモー娘とは少し違う
ミディアムテンポのキュンとする感じで、
この癒し系リズム隊を選んだつんく♂氏の人選は
さすがというしかない。3テイクほどで終了。

まこと氏また宜しくお願いします!
鈴木氏とは12月に海の男同士になります。
[PR]
by sting-miyamoto | 2004-09-28 19:59 | 現場

AZMAライブat祖師ヶ谷大蔵ムリウイ

菊さん欠席のため、シングライクトーキングの西村氏に
参加していただく。
彼ともなんだかんだで7~8年の付き合いになる。
W&S以来の共演か。

ここムリウイは小田急線祖師ヶ谷大蔵駅から約10分、
4階建て雑居ビルの屋上にあるお洒落なカフェ。
半分外になっていて夕暮れなどは大変気持ちがよい。
久々にエレキギターがはいるので、
本日のメニューはオリジナル中心でいくことにする。
いつもよりコード感があるサウンドも凄く新鮮だ。
さすが西村氏、1回打ち合わせしただけで14曲をスルスルこなす。
さすがザ.プロフェッショナル!
後半、上々颱風のエミちゃんも参加して大盛り上がり。
AZMAの新しい方向性が感じられたライブでした。
西村氏、またぜひ参加してね!
[PR]
by sting-miyamoto | 2004-09-25 19:59 | 現場

梓みちよディナーショウat韓国チェンジェ

なぜか梓みちよディナーショウに登場。しかもいきなり韓国公演!
朝8時成田空港に到着、梓みちよさん+メンバースタッフにご挨拶。
今回トラなんで、自分は初参加になる。
他メンバーは2年ぐらいやっているらしい。緊張するなぁ~!

梓みちよといえば、僕らの年代だと「アグラをかいて二人でお酒を」
古くは「こんにちは赤ちゃん」
しかしやはり一番のイメージは「新婚さんいらっしゃい」で、
桂三枝の横で大笑いする姿か。「いらっしゃ~い!」「およよ!」
「グッ!」等の言葉が頭を巡るがぐっとこらえて普通に挨拶する。

目的地の韓国チェンジェはソウルより南に位置し、成田から約2時間。
空港から車で30分で今日の会場となるホテル到着。
リハーサルの後しばし辺りを観光。
日本に町並みは似ているのだが、看板はすべてハングル文字、
全然わからん!
ファミマとか英語見つけるとほっとする。

ガラにもなくスーツに着替え20:00本番開始。
本日のお客さんは、日本からのカジノツアーの人々。
頭の中はギャンブル一色のはずが さすが梓みちよ、
しっかり盛り上げてました。
緊張のトラライブを終えほっとしたのもつかの間、
この後にさらなる驚きと興奮が待ち構えているのであった!

ホテルから車で約30分打ち上げ会場の焼肉屋に到着。
それにしても、焼肉はかなりうまい!まじヤバいぐらい美味い!
あとキムチ。身体中の別腹を駆使し、肉を詰め込む。
もう2年くらい肉はいいかも~!

梓さんはサクッと切上げ、とっととカジノへ。
バンドメンバーは残って飲んでいたのだが、梓さんからカジノへ呼び出し。恐さ半分、見たさ半分でドアの向こうへ。
しばらく見学していると、「これで遊びなさい」とメンバーに1万円づつ。
さすが芸能人!一生ついていきますボク。
ルーレットでメンバーが次々玉砕するなか、何故かチップがなくならない。「どうせ人の金だから」と無欲のせいか、チップは増える一方。
2時間ほど粘り、
「よし!明日の土産代稼いでやるぜ!」と欲が出たところで、破産。
まあこうなるよね。せっかくなので他のテーブルを見学することに。
一番奥のバカラ台はチップ1枚10万円(!)のレートらしい。
どんな人が座っているか見ると、小指の存在を確かめてみたい風貌の人、
明らかに中国〇フィアな人、イギリス王室風の老人など5~6人。
3~4分ごとに何千万円という金が動く。
「誰か1枚くらいチップ落とせ!」などと念じながら
身を乗りだして見物していると、
シャレにならない場の空気が全く読めてない我々は
係員から追い払われる。
フリードリンク&フリーバナナを別腹いっぱい詰め込み、ほどなく退散。

翌日飛行機の時間まで観光タイム。
マックのハングル文字がなかなかシュールだ。
お土産屋さんでは、「冬ソナコーナー」があり、日本人がたくさん。
韓国海苔とキムチを大量に買って飛行場へ向かう。
チェックインを済ませると、カジノツアー客と遭遇。

さてここで問題。
今回のカジノツアーのお客さんの中で負け最高額はいくらでしょう?
1、もらった1万円なので0円 2、10万円のチップを1枚なくした
3、約2億5千万円 世の中間違ってる!
[PR]
by sting-miyamoto | 2004-09-18 20:00 | 現場